メイン コンテンツにスキップ

「2021#Tokyo Scope」は、アーティスト藤元明と建築家永山祐子によるインスタレーション作品です。
2016年より藤元が主体となり始められた進行中のアートプロジェクト「2021」は、2020年のオリンピック・パラリンピック後の東京、そしてその先の日本を考える象徴として作られています。 今回、永山が「2021」を、東京という都市空間の中で拡張するコンセプトを提案。会場のエイベックスビルは、新国立競技場などのヘリテッジゾーンと、六本木ヒルズを含む東京ベイゾーンの2方向を串刺すように建てられています。会場の持つ都市軸に、2021年に焦点を合わせた時間軸を重ねる。この2つの軸線の焦点を可視化し、東京のこれからを問うていきます。 コラボレーション:藤元明 展示協賛:旭ビルウォール株式会社 / 自然電力株式会社 / 株式会社スペース / パナソニック株式会社 協力:杉山央 / 石橋素 /株式会社グリッド / 株式会社REBORN

DESIGNART TOKYO 2018

Architecture

Date
2018.10.19 - 2018.10.28
For
exhibition
At

東京都,エイベックスビル

Size
-
Status
Completed

Staff

Direction
永山祐子
中村祐太郎
Build
国際装飾株式会社
Cooperation
旭ビルウォール株式会社
自然電力株式会社
株式会社スペース
パナソニック株式会社
杉山央
石橋素
株式会社グリッド
株式会社REBORN
Collaboration
藤元明
Photo
Nobutada Omote
tags
#apartment
#art
#AXIS
#cafe
#CasaBRUTUS
#competition
#complex
#exhibition
#facade
#gallery
#hall
#Hanako
#hotel
#house
#interior
#interview
#museum
#office
#ongoing
#pavilion
#Pen
#pressrelease
#preview
#product
#publications
#RealDesign
#renovation
#restaurant
#salon
#shop
#showroom
#shrine
#skyscraper
#station
#studio
#teahouse
#university
#web
#workshop
#モダンリビング
#商店建築
#新建築