メイン コンテンツにスキップ

仏壇の最も原型に近い、厨子の形状を考えた。閉めた時には日常の中に溶け込み、開けるともうひとつの世界を感じる。そんな切替を仏壇の扉の”開け閉め”で表現したいと思った。扉を開けた瞬間、いにしえのご先祖さまと繋がり、日常とは違う時間の流れを感じることができる。仏壇はそんな玉響(たまゆら)な時間を現代の私たちの日常の中に創り出す装置となる。

※創業190年を迎える京都の仏壇・仏具メーカー株式会社若林佛具製作所が、クリエイターとともに”祈りのカタチ”としての新しい仏壇を提案するプロジェクト「raison d’être(レゾンデートル)」にて発表。

玉響厨子 (たまゆらのずし)

Architecture

Date
2019
For
product
Status
Completed

Staff

Direction
永山祐子
芳野航太
Photo
Mitsuyuki Nakajima
tags
#apartment
#art
#AXIS
#cafe
#CasaBRUTUS
#competition
#complex
#exhibition
#facade
#gallery
#hall
#Hanako
#hotel
#house
#interior
#interview
#museum
#office
#ongoing
#pavilion
#Pen
#pressrelease
#preview
#product
#publications
#RealDesign
#renovation
#restaurant
#salon
#shop
#showroom
#shrine
#skyscraper
#station
#studio
#teahouse
#university
#web
#workshop
#モダンリビング
#商店建築
#新建築