メイン コンテンツにスキップ

2020年に、1964年以降2回目となる東京オリンピックが開催され、たくさんの観覧者に備えたパブリックビューイングが行われる。
今回の計画地は、JR山手線に40年ぶりに新設される「高輪ゲートウェイ駅」の駅前広場で、約30,000㎡の広大な敷地である。現状の地図と過去の地図を照らし合わせると、新駅の敷地にはもともと海があり、そこには鉄道が走り、街が栄え、人々が集まる村の拠点であった。そんな歴史的な背景から全体を1つの連結した波型の形状とし、白く軽やかで漂うような「しらなみ」をイメージさせる施設構成を考えた。夏のオリンピック期間に6ヶ月の間だけ現れる白い波は夏会期に涼しさも感じさせてくれる。

TAKANAWA GATEWAYFEST

Architecture

Date
2018.09 - 2020.07
At

東京都

Size
30,000㎡
Status
Completed

Staff

Direction
永山祐子
雨宮脩大
3D archive
ARCHI HATCH
Photo
Nobutada Omote
tags
#apartment
#art
#AXIS
#cafe
#CasaBRUTUS
#competition
#complex
#exhibition
#facade
#gallery
#hall
#Hanako
#hotel
#house
#interior
#interview
#museum
#office
#ongoing
#pavilion
#Pen
#pressrelease
#preview
#product
#publications
#RealDesign
#renovation
#restaurant
#salon
#shop
#showroom
#shrine
#skyscraper
#station
#studio
#teahouse
#university
#web
#workshop
#モダンリビング
#商店建築
#新建築